新东方网>小语种>日语>日语学习>词汇>正文

日语量词「本」为什么有三种读法?

2017-02-23 15:42

来源:沪江

作者:

  「ぽん、ほん、ぼん」問題を知っていますか?例えば、鉛筆。何本あるか、数えてみましょう。いっぽん、にほん、さんぼん、よんほん、ごほん……おやおや!?鉛筆などを数えるとき、1本、2本、3本となりますが、「本」の発音が「ぽん」、「ほん」、「ぼん」の3通りあります。どうして同じ助動詞なのに、発音がややこしく変化するのでしょうか?Eテレの番組「ピタゴラスイッチ」でこの問題に興味を持った方も多いのではないでしょうか。Eテレの番組「ピタゴラスイッチ」の中でたまに流れますが・・ よく考えると不思議Eテレの人気番組「ピタゴラスイッチ」が、人参の数え方の不思議な法則として紹介しています。

  你知道日语里面关于“ぽん、ほん、ぼん”的问题吗?比如说,“鉛筆。何本あるか?“(有几支铅笔),一起来数一数吧!いっぽん、にほん、さんぼん、よんほん、ごほん……(一支,两支,三支,四支,五支......)诶!?在数铅笔等物的时候,虽然都是“1本、2本、3本”(一支,两支,三支),「本」的发音却有「ぽん」、「ほん」、「ぼん」这三种。为什么是一样的助动词,发音却会有如此复杂的变化呢?NHK教育电视台《ピタゴラスイッチ》节目当中,有很多人对这个问题非常感兴趣。这档人气节目当中播出了介绍数萝卜方法这样的片段,让人觉得有点不可思议。。

  「ぼん」と濁る読み方をするのは「3本」だけだ!なんか面白いなぁ。濁点がつくのは「3」の時だけです。類似案件です。「匹」の数え方、いっぴき、にひき、さんびき…。イカ(烏賊)って、「杯」って数えるって知っていました?いっぱい、にはい、さんばい…「ぽん、ほん、ぼん」のルール。この不思議な現象には、もちろん一定のルールがあります。ちょっと探ってみましょう。助数詞の『本』が、 いっぽん、にほん、さんぼん、よんほんーーーと『ぽ』『ほ』『ぼ』に変わるのは、その前の文字を発音する時 の口の形に関係があると言われています。ルールのヒントは、「本」の直前の発音にありました。

  只有「3本」这一个词会发生浊化而读作「ぼん」!真有意思啊!只有数“3”这个数字的时候才会读成浊音。类似的案例还有使用“匹”这个量词的时候,例如いっぴき、にひき、さんびき…还有イカ(乌贼)这个词,你知道它的量是“杯”嘛?例如いっぱい、にはい、さんばい,和「ぽん、ほん、ぼん」的法则是一样的。这个不可思议的现象,当然会有一定的规则。我们一起来看看吧。数词的“本”,有いっぽん、にほん、さんぼん、よんほん这样『ぽ』『ほ』『ぼ』的发音变化,是因为接在这三个词前面的假名的发音方法不同,导致嘴巴的形状也会改变。这一规则的关键是,是根据“本”字前面的那个汉字的发音不同而变化的。

  「いっぽん、ろっぽん、はっぽん、じっぽん」と促音で詰まったところに「本」が接続する時には /p/ 音が出てくる。すなわち「促音終わり」には /p/ 。小さい「っ」、つまり、つまる音のことを「促音」と呼びます。日本語では促音の次の音は基本的に濁らないという暗黙のルールがあります。そしてこの暗黙のルールは、無意識のうちに外来語の誤ったカタカナ表記に結びついてしまうことも多々あります(Bed=ベット、Dog=ドック、Big=ビック、など)。「にほん、ななほん、はちほん、きゅうほん」など「開音節・母音終わり」には /h/ 音。ただし「よんほん」にも /h/ 音。母音で終わる語(開音節)や母音そのものの次には「ほん」となります。「さんぼん」のように「撥音終わり」には /b/ 音。撥音「ん」の次は、どうやら「ぼん」と濁るようです。

  像「いっぽん、ろっぽん、はっぽん、じっぽん」这样,「本」出现在促音的后面的时候要发/p/的音。也就是说促音结束之后会发“P”的音。小「っ」是一个被阻塞的音,被称为“促音”。日语的促音有一个准则,就是跟在促音后面的音不发生浊化。而且这个规则,会无意间导致外来语被错误的片假名表记(例如Bed=ベット、Dog=ドック、Big=ビック)。「にほん、ななほん、はちほん、きゅうほん」等“开音节,以母音”结尾的假名,后面接的是“h”。但是「よんほん」这个词也有“h”。母音和以母音结束的词(开音节)之后都会接「ほん」。像「さんぼん」这样以“播音ん”结尾的词后面接的是“b”音(ぼん)。接在拨音“h”之后,一般都会像“ぼん”一样发生浊化。

  …でも、これだけでは納得できない理由がある。「ほん」が半濁点の「ぽん」に変わるのはまだいいです。「ぽん」は促音便ですね。学校で習いました。直前の音とつながって縮めて発音されるがために生じる音便です。促音の次が「ぽん」になるのは、何だかすんなり納得できます。でも…なんだか違和感が…!「よん」は「ん」で終わる撥音なのに、…「よんほん」…!?わからないのはこっちです。3(さん)ぼん4(よん)ほん。どちらも「ん」に続く「ほん」なのに、なんで前者が3「ぼん」と濁って、後者が4「ほん」と濁らないのでしょうか?同じ「ん」に続く発音なのに、3のときは「さんぼん」で4のときは「よんほん」。…これって変じゃない!?ルールからいくと、「4本」は「よんぼん」と発音されると思うのですが、実際には「よんほん」と発音されています。こうなると、はっきりしたルールがあるのかどうか、分からなくなってきます。

  但是,仅仅是这些还是无法完全接受。「ほん」变成半浊音「ぽん」的话还好。我们在学校里面学到的是,「ぽん」是促音便规则。是说接在「ぽん」之前的音要发生促音便。促音后面接的是「ぽん」这一点我们可以接受。但是,总觉得有点奇怪!「よん」这个词是以拨音「ん」结尾,但为什么会是「よんほん」?我不太明白。3(さん)ぼん4(よん)ほん这两个词都是以「ん」结尾,为什么3会浊化成「ぼん」,而4的话没有浊化呢?这不是很奇怪吗!?从规则来说的话,「4本」应该发成「よんぼん」,实际上却发成了「よんほん」。是有明确的发音规则吗?我不太明白。

  なぜ「さんぼん、よんほん」なのか??「さんぼん」「よんほん」問題を解決するカギは、それぞれの「ん」の発音にありました。「さん」と「よん」、かなで書くとどちらも同じ「ん」ですが、「ん」の発音が違うのです。ぜひ「さん、よん、さん、よん」と声に出して言ってみてください。「3」と言った後は、口が閉じ、上下の唇が接していませんか。「4」と言った後の口は完全には閉じず、上下の唇はほんのわずか離れていませんか。「さん」と「よん」では言い終わった後の口の形が少し違うはずです。「さん」は「Sam」、「よん」は「Yon」英語で「m」「n」はそれぞれ違う発音をしますが、同じ事を日本人は無意識のうちに日本語の中でおこなっています。でもカタカナやひらがなでは同じ「ン」「ん」なので、混同してしまうのです。日本語の「ん」には複数の発音の種類がある…。数字の3 の発音は、4 の「んn」とは違うことを発見しました。しかし3 の読み方が常に「さんm」であるかというと必ずしもそうでなく、んm とんn のあいだをゆれ動くようです。

  为什么会发成「さんぼん、よんほん」??解决这个发音问题的关键是,「ん」有各种各样的的发音。「さん」和「よん」,写出来虽然都是「ん」,但是发音却不一样。请出声读一下这2个词“「さん、よん、さん、よん」”.说完“3”的时候,嘴巴是闭着的,上下嘴唇也是接起来的。但是发“4”的时候,嘴唇完全没有闭起来,上下嘴唇也分开了一点点。「さん」和「よん」发音之后嘴巴的形状有些不一样。「さん」是“Sam”,「よん」是“Yon”,英语里面“m”和“n”两个完全不同的发音,日本人在无意识件就贯彻了这件事情。但是片假名和平假名都是一样的「ン」「ん」,所以很容易用混。日语的“ん”有好几种发音......。发现数字3的发音和4的「んn」的不同了吗?但是3的读法常常被读成「さんm」,在んm とんn之间模糊地变换着。

  多くの日本人の場合、「ん」の発音の種類なんて意識していません。そこで、実際は「さん」「よん」の発音にもブレがあるようなのです。たとえば「3敗」。この発音、あなたは「さんばい」でしょうか、「さんはい」でしょうか?…「さんぱい」と言う人もいるかも知れませんね。

  大多数日本人在发“ん”的时候不会意识到有几种发音。但是实际上「さん」「よん」的发音还是比较模糊。比如「3敗」这个词,你是发成「さんばい」还是「さんはい」?...可能还有人会发成「さんぱい」呢。

  古代日本語、「は行」は「ぱ」や「ふぁ」の発音だったというのが定説です。上代以前の古代日本語のハ行は、現代の「パ行」あるいは「ファ行」のような発音だっというのが定説になっています。つまり、「ぽん、ほん、ぼん問題」もデフォルトが「ぽん」であったところから考察をスタートする必要があるのです。すなわち「『本』の原形は『ポン』であった」というところから話を始めなくてはならない。すなわち「ポンが保存」されたり、「ホンに変化」したり、「ボンに変化」したと考えるわけである。現代日本語では「パピプペポ」の破裂音は基本的に外来語にしか使われません。元々の「ぽん」が「ほん」に変化したのは自然の流れと考えられます。この問題は、日本語教育というよりは、日本語の「音声学」という専門分野の内容になるのですが、その音声学の分野でもこの助数詞のルールはある傾向はあっても、それに沿わないものも多くあるので、なかなか説明が難しいようです。ルール化できそうなものでも、例外があるケースが多く、事はそう単純ではないようです。はるか昔に言葉が生まれて、長い時間を経て変化してきて…結局、理屈を探す方がばかばかしいのかもしれません。日本語は、まー、適当と言えば適当なんでしょうか、しかし「適当」というよりは「かなり幅のある」言葉であるような気がします。日本語って、奥が深くて本当に面白いですよね。

  古代的日语当中,有一种说法是「は行」的发音是「ぱ」和「ふぁ」。上代以前的古代日语的ハ行和现代日语的「パ行」或者「ファ行」的发音是一样的。也就是说「ぽん、ほん、ぼん問題」一般被认为可以从「ぽん」开始考察。也就是说『本』的原型就是『ポン』。我们也可以认为「ポンが保存」(作为ポン保存)「ホンに変化」(变成了ホン)「ボンに変化」(变成了ボン)。现代日语里面「パピプペポ」的破裂音基本上只能用外来语。本来「ぽん」变成「ほん」是自然行程的结果。这个问题,与其说是日语教育的问题,其实是日语的“音声学”这个领域的问题。音声学的领域有关于助数词的规则的说明,但实际运用的时候也有很多不遵循这个规则的,说明起来比较复杂。虽然是有一定的规则,但是因为有很多例外,所以实际上是没有那么简单的。很久以前产生了语言这个东西,经历了长时间的变化,打破砂锅问到底的话可能有点傻。日语说得随意点就是随意的语言吧。但是我还是觉得与其说“随意”不如说他的“范围很广”。日语真是个深奥并有趣的东西啊。

(编辑:何莹莹)

猜你喜欢

  • 留学资讯
  • 日语考试
  • 日语学习

            新东方日语辅导专区

            班级名称 上课地点 上课时间 费用 详细

            焦点推荐

            版权及免责声明

            凡本网注明"稿件来源:新东方"的所有文字、图片和音视频稿件,版权均属新东方教育科技集团(含本网和新东方网) 所有,任何媒体、网站或个人未经本网协议授权不得转载、链接、转贴或以其他任何方式复制、发表。已经本网协议授权的媒体、网站,在下载使用时必须注明"稿件来源:新东方",违者本网将依法追究法律责任。

            本网未注明"稿件来源:新东方"的文/图等稿件均为转载稿,本网转载仅基于传递更多信息之目的,并不意味着赞同转载稿的观点或证实其内容的真实性。如其他媒体、网站或个人从本网下载使用,必须保留本网注明的"稿件来源",并自负版权等法律责任。如擅自篡改为"稿件来源:新东方",本网将依法追究法律责任。

            如本网转载稿涉及版权等问题,请作者见稿后在两周内速来电与新东方网联系,电话:010-60908555。